紫外線について

紫外線のまめ知識

紫外線は一般的に2つに分かれます。1つは生活紫外線、強い作用をおこさないかわりに肌の奥まで届きます。窓ガラスや雲を通すのでじわじわと肌にダメージを与え、主にシワ・たるみなど「肌の老化」を引き起こす原因になます。
もう1つはレジャー紫外線、屋外での日焼けの主の原因です。肌の表面に強く作用したくさん浴びると赤く炎症を起します。主にシミ・シワ・ソバカス乾燥の原因にもなります。

紫外線はからだの健康にダメージをあたえます

◆健康におよぼす影響◆

  • 免疫機能低下
    体調を崩したり風邪を引くなどで健康を損ねます。
  • 肌の老化
    シミ・シワ・ソバカス・たるみなどの原因になります。
  • 白内障になる可能性
    眼の中の水晶体という部分が濁って視力が低下する病気。

このように人のからだに及ぼす影響のある紫外線をカットするために普段から十分に注意する必要があります。

季節 冬より夏の紫外線量が多い
6月~9月(7.8月がピーク)
時刻 午前10時~午後2時が多い(正午頃がピーク)
夏の朝8時半頃が冬の真昼なみ
天候 快晴100・曇り50~80・雨20~30
紫外線のはねかえり アスファルト20%水面20%芝・土10%以下雪80%
標高 1000m上がるごとに6~10%増える